読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミームの死骸を待ちながら

We are built as gene machines and cultured as meme machines, but we have the power to turn against our creators. We, alone on earth, can rebel against the tyranny of the selfish replicators. - Richard Dawkins "Selfish Gene"

We are built as gene machines and cultured as meme machines, but we have the power to turn against our creators.
We, alone on earth, can rebel against the tyranny of the selfish replicators.
- Richard Dawkins "Selfish Gene"

携帯(au)に来たメールをGmailにストックする

life Gmail
問題
古い携帯を使っていると、受信ボックスのメールは300件くらいを上限としてどんどん消えていく。多数のメールを保護している場合、その新陳代謝はさらに速くなる。
解決
バックアップとして携帯に来たメールをGmailに溜めていく。検索性が高まるというメリットもある。

携帯の設定


Eメールメニュー
> Eメール設定
> その他の設定
> 自動転送先
で、Gmailのアドレスを入力*1


Gmailの設定


次の条件でフィルターを作る。

From
  • 「-(自分のGmail)」

Gmailから自分の携帯に送ったメールは元々"Sent Mail"に履歴が残っているので、転送されてきてもはじくように設定。見えにくいけどカッコの前にマイナスがついてます

To
  • 「自分の携帯アドレス」


で、>>Next Stepして

  • Skip the Inbox(Archive it)
  • Mark as Read
  • Apply the Label*2

にチェックを入れる



転送されてきたらすぐ既読にして受信トレイにも表示されないようになる。知らないうちにストックされていく。フォルダ分けもやろうと思えばできるだろうが、とりあえず今は全部一律時系列。昔のメールを検索する必要が出たとき非常に便利、だと思う。

知らなかったが、いつの間にかGmailは絵文字対応になったようだ。


んー


卒論書きと学会発表が終わったら、こんな小ネタじゃなくて論文紹介とかやりたい。
卒研発表については書いたので、半年間研究に打ち込んでみて悟ったこと、修士過程に進むに当たって、なんかも書きたい。

*1:ある人がこの機能を悪用され、自分に来たメールが知らないうちに全て元カノのアドレスへ転送されていた…という恐怖体験も。ソースどこだっけ

*2:ラベルは「携帯メール」などお好みで設定