ミームの死骸を待ちながら

We are built as gene machines and cultured as meme machines, but we have the power to turn against our creators. We, alone on earth, can rebel against the tyranny of the selfish replicators. - Richard Dawkins "Selfish Gene"

We are built as gene machines and cultured as meme machines, but we have the power to turn against our creators.
We, alone on earth, can rebel against the tyranny of the selfish replicators.
- Richard Dawkins "Selfish Gene"

戯言

ハックルベリーに会いに行く、の巻(kawangoさんも来たよ!)

メールをよこしなさい、id:y_arimは。あとid:Hashも。 ハックルベリーに会いに行く

「きわめて短時間にそこそこの成果を上げる人間」の取説とその弱点

「きわめて短時間にそこそこの成果を上げる」ことを得意とするタイプの人がいる。 ギリギリまで何もしないで、期限が迫ってから取りかかるくせに、最終的な成果物を見ると平均以上のクオリティを保っている。 難問に対して絶対的な解答をもたらすことはでき…

うまく言語化できない。

本気で頭を働かせると、その動きを途中で追いきれなくなることがある。 自分で考えていながら「思考を自分の頭で追えない」なんて言うと矛盾しているように聞こえるが、そうとしか言いようのない感覚に陥る。

後付けの理由を剥ぎ取って行くと、剥き出しの衝動だけが残る

「なぜ?」 なぜあの選択をしたのか、なぜ今こうしているのか、なぜそんなことを言うのか、なぜそれがしたいのか。あれこれと理論武装し、他人を、そして自分を納得させようとする。人間は本能的に理由付けをしたがるものであるし、大抵の人は理由のある方が…

仮説を正しく使い、Solid Inputの「網」を縦横に張り巡らせる

人間はランダムな中に法則性を見いだし、極僅かな事例から一般論を語り、レッテル貼りをして事実を歪め、信念に基づいて理由を後付けし、見たいものだけを見る。昨日、Thomas Gilovich "HOW WE KNOW WHAT ISN'T SO"、邦訳『人間、この信じやすきもの』を読ん…

僕は釘に打たれて死ねるのか

コトリバコ、という言葉を聞いたことがあるだろうか。 コトリバコ

クリエイティブであるとはどのようなことか

"クリエイティブ"とは、どのようなことを言うのだろう。

将棋と個性とオープンソース、そこに少しの狂気を添えて。

なんかはてな界隈で田舎とか都会とか流行ってるみたいですがそんなことどうでもよくて。それよりおもろいことがありまっせ。大阪・梅田の紀伊国屋にて。食事の約束をしていたid:yun__yunを待ちながら平積みされていた『シリコンバレーから将棋を観る―羽生善…

田舎は好きだが、それでも東京を選択する。

僕は香川で生まれ育った。香川というのは「地方」だが、「地方」である香川の中で相対的に都会度の高い地区で生まれ、小学校入学前に引っ越して田舎度の高い地区で育った。

ミーム流ホッテントリの法則

僕という人間は元々自意識過剰気味(じゃなきゃこんなブログ書いてねーよ)なので、ブクマが貰えたあの快感を一度知ってしまうと、狙ってブクマ稼ごうというアサマシイ気持ちがむらむらとわいてきたりもする。 しかし、狙ってホッテントリ*1をしとめる一方で…

戦略のない人間は"失敗"の自覚がないまま幸福感に包まれて死ぬ

SVC報告会から遡ること1週間...土曜、昼、渋谷にて。id:katsu8さんと会ってきた。彼とは元々、"焼き鳥を食いながらsyou6162のけものみち転落を祝う会*1"にて始めて出会い、そのとき少し話して、ハチロク周辺には珍しいビジネスよりの志向を持っていることに…

女の子が入ってきて研究室に社会が出来た

4月。研究室に新入生がやってきた。4年生が4人、M1が1人、諸事情により移籍してきたM2が1人。驚くべきことに、そのうち83.3%が女性だ。4年生は全員女の子で、しかも何というか、理系大学らしからぬ、女性らしい女性が大半だ。ビュッフェとか言うてたし週末は…

インタビューでは語らなかった Yet Another ハチロク世代の話をしようとしたら失敗したがせっかくなので公開する

世代論はあまり有用ではなく結局個人の問題じゃね?と感じる最近ではあるが。 「ハチロク世代」がIT業界を変える日 − @IT自分戦略研究所 2007年末にid:yuyarinが立ち上げた「ハチロク世代」がついにメディア(@IT自分戦略研究所)に取り上げられ、僕もちゃ…

つくば変態三銃士がDBCLSに集結し、世界の秩序が崩壊する

「つくば 変態」でググると出てくる、変態的にLifeHacksが好きなid:Hash, id:syou6162, id:wakuteka(旧: id:wakataka_423) の三人をして"つくば変態三銃士"という*1。 *1:僕はつくばの住人ではないが気にしない

スガシカオは夜明けまえにその真価を発揮する

この週末、何かの糸が切れたかのように外部と関わることを辞めていた。社会的に死んでいたと言っていい。ブログを書く気にもならず、メールも返信せず、二日間、鬱々とした気分のまま布団の中で過ごした。

春から研究室に配属される理系新四年生のための心得

春は出会いと別れの季節と言いますか?わかりません。今日は、新しく研究室に配属される理系大学の新四年生を対象に、この魑魅魍魎渦巻く研究世界の歩き方的なものを、曲がりなりにも二年間、理系の研究室で過ごしてきた経験を元として、二年前の自分にアド…

魅力的な文章を書く人がいる。

ブログを情報の提供者という観点から見たとき、その人気とコンテンツのクオリティが比例しないという事実はいささかやるせない気分を引き起こしはするものの、逆に、自分だけがあのクオリティの高い情報提供者を知っている、という優越感の源ともなるように…

ネト貧の描く未来は暗黒社会。あるいは、本当にウェブは世界を変えるのか

先日、ある企業のセミナ−で「インタ−ネットが放送コンテンツと融合したらどうなるか?」というテ−マで学生間でディスカッションを行ったのだが、そこでのメンバ−の発言に驚いた。 「パソコンが身近になって小さい頃からコンピュ−タに触れてるから、オタクが…

「74冊読みました」の面接官にブログがばれた→(中略)→ワインおいしいです\(^o^)/

先月の下旬の話。アキバで野良黒猫と晩酌しつつ飯を食っているとメールが届いた。

譲れない基準を持ってさえいれば、どこに内定しようと問題ではない

充実した日常を送っている。 誰かに「今何やってんの?」と聞かれてそれに一言で答えるとしたら「就職活動」という答えになる。一番時間をつぎ込んでいるし、一番の関心事であり、最優先事項に位置付けている。この就職活動というものはそもそも不規則なもの…

74冊の件などぐだぐだと。

コンサルの面接で「74冊読みました」と言ったら「それは何がすごいの?」と返された - ミームの死骸を待ちながら 500とか...!やめて!もうid:Hashのライフはゼロよ!

シューカツが気持ち悪いのは要するに進化ゲーム理論。

404 Blog Not Found:「タダで働きます!」? 30年または$300万早いわ雑魚糞学生はザマー。こんな人材はいらない。|web2.0 (^O^)v 不動産不況は誰でも知っていて、そのリスクを承知で、「ぜひ!御社にします!」と言って内定をもらったはず。※しかも6社ももら…

実は博士問題を論じている人の気持ちがちょっとわからない

実は僕自身、高学歴ワーキングプアだとかポスドク問題などの社会問題を、あまり問題に感じていない。早急に解決すべき問題であるとも思ってない。積極的に情報集めてもいないし、本も読んでない。

「非常識」な刺激と自己の本懐

先日京都で開かれた博士ネットワーク・ミーティングに参加して、レポート的なものを書いた。ウェブ時代と併走するスタンドアローン・コンプレックス。博士ネットワーク・ミーティング@京都に参加して - ミームの死骸を待ちながらそのもうひとつの切り口が今…

価値ある批判の難しさについて

誰でも否定はされたくない。ネットに自分の意見を晒すというのは、思考の客観視、リアルなら不可能な量/質の意見、反応の観察、人脈の拡大、Web名刺化など多大なメリットをもたらす一方、リアルではあまりない、思わぬマイナス感情を向けられ、戸惑うことが…

人間の能力を説明するパラメータ。集中しろという結論で。

「人間の能力」をここでは、知識労働者としての専門知識/スキルの習得速度、あるいは到達レベルと定義する。このとき、人間の能力と以下のパラメータは相関関係があると感じている。すなわち、 投資時間 適正 興味と必要性

二週間前の騒ぎをこっそりシメる

プログラマーに比べ、バイオ研究者に飛び抜けた才能が現れない理由のひとつ - ミームの死骸を待ちながら はてなのトップに載るという快挙を成し遂げて二週間。言及トラバも途絶え、じわじわ増えてたブクマも動きがなくなった。なんだか貴重な体験だったが、…